産学官連携の取り組み

開物成務塾では、産官学の連携を積極的に推進しています。

取り組み事例1.産学連携学会への会員登録

開物成務塾は、産学連携学会に団体会員として登録しています。毎年行われる産学連携学会では、開物成務塾を通した企業の取り組み事例を毎年発表しており、地方における産学連携の事例紹介として高い評価を得ています。

取り組み事例2.福岡大学ベンチャー企業論との連携

福岡大学では、企業へのインターンシップを中心としたプロジェクト活動が行われています。(詳細はこちらから)開物成務塾では、ワークショップに学生のプロジェクト発表を盛り込み、発表内容やプレゼンテーションについて議論しています。

開物成務塾での発表を通した学生の発表は、プロジェクトの成果を競う「ビジネスプランコンテスト」において毎年優秀な成績を収めています。

取り組み事例3.福岡大学商学部との連携

開物成務塾は、福岡大学商学部の合力ゼミと連携し、毎回のワークショップに学生が多数参加しています。ワークショップでのグループ討論は社会人と学生の接点を作るうえでも重要な役割を果たしており、学生と企業の共同プロジェクトを視野に入れた取り組みも行っています。

取り組み事例4.福岡市との連携

開物成務塾は福岡市の後援を受けており、毎回開催される福岡商工会議所の会議室も無償で提供されています。開物成務塾では、福岡市 FUKUOKA NEXTの取り組み発表や商工会議所の案内など、市政に関する情報発信を積極的に行い、福岡市の取り組みをサポートしています。